No.386 和名:ヒヨドリ 分類:スズメ目ヒヨドリ科

L=27.5cm

難易度:1
季節区分:留鳥
<浅川流域>
 
 浅川流域では、ほぼ全域で見られ、一般にもなじみ深い鳥である。 そのため、スズメやムクドリなどと並び、鳥の大きさを表現する物差し替わりに使われる。(例えば「ムクドリより大きくヒヨドリより小さい」など)
 「ピーヨピーヨ」と大きな声で鳴き、存在を主張する。 一年中見られる留鳥であるが、定期カウントの結果からは、春と秋に個体数が増加することが示されている。 これは、一部に渡りをする個体が加わるためと考えられる。 同時期には100羽を超える大規模な群れも観察される。
写真図鑑 (クリックで拡大)

ヒヨドリ(成鳥)

ヒヨドリ(巣立ち雛)

ヒヨドリ(餌台にて)

ヒヨドリ(群れ)