No.416 和名:トラツグミ 分類:スズメ目ツグミ科

L=29cm

難易度:3
季節区分:冬鳥
<浅川流域>
 
 浅川流域では冬季に観察される。 概ね11月から4月くらいまでの期間の観察例が多い。 日本全体としては、夏鳥、旅鳥、冬鳥である地域が存在し、なかなか定義が難しい。
 黄褐色の地に黒の三日月状の斑が連続して虎をイメージさせる。 鳴声は、ゆっくりと「ヒィー」という陰気な声を繰り返す。
 「鵺鳥(ぬえどり)」として、古く万葉集にも詠まれている。
 
               「ひさかたの 天の川原に ぬえ鳥の うら泣きましつ すべなきまでに」   柿本人麻呂

 平家物語 巻4では、源頼政が「鵺の声を出す怪物」を退治する物語もある。
 鵺という漢字は、夜と鳥の組み合わせになっており、夜(〜早朝)に鳴くトラツグミにふさわしい。
 地上で採餌する際に、頭を動かさず左右に腰をふる「トラダンス」をすることがあるが、「鵺」のイメージとは異なり滑稽な感じがする。
  
写真図鑑 (クリックで拡大)

トラツグミ(成鳥)

トラツグミ鳴く